2016/08

/18

前回の日記から2か月と1日が過ぎていました。
リハビリ的な素振りとして、Githubに素振り用リポジトリを作って、node.jsで既存のシェルスクリプトをたたくということをやってみている。
個人的には何でもプロトタイピングはシェルスクリプトになりがちなので、とりあえず子プロセスでシェルスクリプトをたたくというのを中心に。
(たたいているのに素振りとはこれいかに、とも思う)。

このサイトはgh-pagesに作っているけれど、masterブランチの利用用途に迷い、masterブランチに移行。 ついでに、pre-commitスクリプトでのRSSの生成にトライしてみるつもり。そのうち、CIでやるか検討。

上の2つのおかげで、githubのContributionがノイジーになっているけれど、素振りでもなんでもやらないと今より錆びるはずなので、ゲーミフィケーションということでここは、娯楽性・継続性重視で行かせてもらうつもり。

bash-on-windowsを試そうと思っているけれど、いつの間にか、メインの端末の1つには、gnupackの最新版を入れてしまっていた。セキュリティ回りで少し気にかかりベストプラクティスが決定するまで、bash-on-windowsは見送る可能性もありそうです。うーん文体が安定しないというか、なんというか。

/19

最近、遅ればせながら、moshを使ってみている。IIJmioの200k設定でも結構快適。 (遅ればせながらって正しくない使い方かもしれないと少し気になっている。) 今月の使ってみたアプリや環境のリスト(覚えているもの)は次の通り

/22

19日の日記にも書いていたけれど、クラウドサービスを個人で使ってみている。今日はオブジェクトストレージで遊ぶ。

dd if=/dev/sda1 BS=1M | gzip | s3cmd put - s3://xxxx/osimg.gz

とか、してみたけれど、戻したら動くのだろうか。。。

/30

家族と観光(TDR)に出かけてきた。実はキャリア―バッグaの車輪が壊れていたので、汎用品で修理していたのだけれど、「すみません、キャスターが壊れかけてますよ、気になって」と教えてくださった方がいた。工具やノウハウ不足で無理してはいけないということがよく分かったけれど、とっさに、「予備の部品に変えますね」みたいな意味不明な返事をしてしまったことを痛く反省。実際には予備の部品というか、ちょっと戻ってまいてしまった部品を回収しりもした。何の言い訳だか、本当は「ありがとうございます。本当に助かりました。」なのにと思う。
届くことのない言い訳の一つだと思うのだけれど、蛍光黄色のキャリア―バッグaを東京で引いていた大神です。本当にありがとうございました!と伝えたい。

ちなみに、M6のナットとボルトで挟んだだけだったので緩んでしまい都合3回部品を拾って付ける羽目になった。次回はもうちょっと頑張りたい。タイヤはハンマーキャスター社の38mmのもの。これ以外は福岡で自分の公共交通機関の範囲ではたどり着かなかったから。購入は東急ハンズだった。博多の東急ハンズは広島や東京ほど夢が広がってないと思ってたけれど、すぐほしい、今、必要という状況を満たしてくれたのはこのお店だった。

世の中にハンダテラピーという言葉があるけれど、きっと金切鋸でも癒されると思う。今回の、キャリア―aバッグの既存の車軸を切断する工程はテンションが緩やかに上がっていった気がする。振動が良いのか、匂いが良いのか、久々の汗ぽた的な運動や、筋肉中の乳酸値が最適なのか、謎だ。